顔汗対策情報

顔汗の治療内容について - 顔汗対策情報

顔汗対策情報 > 顔汗の治療内容について

顔汗の治療内容について

顔汗の治療は、人によって内容が変わってきます。
顔面多汗症による発汗なのか、肥満や運動不足などによる発汗なのか、でまず治療方法が違ってきますよね。
肥満や運動不足であれば、それらを改善することがまず最優先です。

しかし顔面多汗症の場合は、ケースバイケースです。
たとえば更年期障害のホットフラッシュによる症状などの場合、様子を見ながら経過を見守ることで自然と症状が緩和してゆくことがあります。
こういったケースの場合は医師に相談しつつ、生活改善、適度な運動の取り入れることが改善につながるでしょう。

しかし経過を見守っていても治る見込みのない顔面多汗症もあるのです。
先天性の原発性多汗症などは遺伝子レベルでの話になりますので、そう簡単に治りません。
そういった難治性の症状の場合、究極の手段とも呼べる「手術」を用いることもあります。
主に用いられる手術は「胸腔鏡下交感神経節遮断術」と呼ばれるもので、その内容は発汗の指令を伝達する交感神経を切断してしまうというものです。

しかしこの手術には非常に高い確率で副作用が伴います。
その代表格ともいえるのが「代謝性発汗」です。
簡単に言えば、顔で汗をかかなくなった分、胸部、背中、大腿部など別の部位から発汗するようになる、という現象です。
どの部位に代謝性発汗があらわれるのかは個人差がありますが、手術前以上に負担となり後悔する人もいます。
他にも辛い物を食べたときに汗をかく「味覚性発汗」がより強くなったり、瞼が重く感じるようになる「ホルネル現象」が発症したり、さまざまな副作用が考えられるのです。
手術を受けるべきなのか、そうでないのか、医師とじっくりと相談し慎重に判断する必要があるでしょう。

top