顔汗対策情報

更年期障害による顔汗 - 顔汗対策情報

顔汗対策情報 > 更年期障害による顔汗

更年期障害による顔汗

女性は更年期になると、外気温に関係なく暑さを感じてしまうことがあります。
顔や上半身などが熱を持ったり、汗をかいてしまったり、かなり大変です。
このような更年期障害は「ホットフラッシュ」と呼ばれており、それによって顔汗がたくさん分泌されてしまうことも珍しくはありません。

ホットフラッシュによる顔汗の多くは、一過性の発汗ではなく慢性的に大量の顔汗を流すようになる顔面多汗症です。
更年期障害の一つとして多汗症を発症してしまっているのです。
更年期になると卵巣の働きが弱まりますので、それによって女性ホルモンであるエストロゲンが減少してしまいます。
エストロゲンが減少すると自律神経のバランスが乱れるようになり、顔面多汗症を発症するのです。

つまり更年期のホットフラッシュによる多汗症は、疾患であると同時に一種の生理現象でもあるのです。
対策を講じることが非常に困難な顔汗の一つと言えるでしょう。

もしも症状が長引くようであれば、医師に相談するのがおすすめです。
基本的にホットフラッシュは更年期を過ぎてしまえば解消される症状ではあります。
しかしあまりにも長引く場合には、なにか他に原因があることも考えられるのです。
たとえば大きな疾患の症状の一つとして顔汗が大量に分泌されている、ということも考えられますよね。
そういった場合に重大な疾患を見落としてしまうことのないよう、長引くようなら迷わず医師に相談しましょう。

日頃から適度な運動を心がけ、生活習慣を正すことも大切です。
運動をして汗をかくことで能動汗腺を減らさないようにすること、生活習慣を正し自律神経が乱れないようにすること、この二つはホットフラッシュにおいても非常に重要な対策の一つと言えます。

top